2019.1.16 16:39

「“ハマる” 難しさ」

「○○が見たい」という時、それを見つける目やそれが見られるであろう環境を見極める目、といった、「それに出会うために自分の目を磨く」という過程はとても楽しいものです。
でも、やっぱり歩いたからには何かに出会って結果を出したいのも人の常。


植物であれば、基本的に(環境などが変わらなければ)そこに居続けてくれるものも多いので、一度見つけてさえいれば再訪しても出会えます。
しかし鳥などの「動きモノ」は難しい。
毎回、様々な条件をクリアする必要があります。


まずは訪れる場所がハマるか。
自然度があれば・森が広ければ単純に個体数はたくさんいることが多いけれど、それと「出会える」こととは別問題。
森が広大で自然度が深ければ出会えるであろう場所を絞りにくく、どこでも歩ける分、歩いている割になかなか出会えない、なんてこともよくあります。


しかも、当日の天気や風・時間など様々な条件が絡み合って、動きモノの出現確率は大きく変わります。
ニセコのように、気象条件の厳しい場所であればなおさらです。
まずは歩く場所がハマり、当日の現地の条件がハマり、さらには本人の「そこを歩くタイミングと対象を見つける目」がハマる必要があります。


そして、せっかく「出会えて」も、遥か頭上にいて「見られない(観察出来ない)」なんてこともよくあって、『たくさんいるけども、じっくり見ることは出来なかった』ということもよくあること。
動きモノでは、「出会えた」とこと「じっくり見れた(観察出来た)」こともまた別なんです。


そうなると、鳥によっては、意外と町中の公園の小さな林の方が見やすいこともあったりして――。
そんな場所の方が、木々が小さくこじんまりした広さなので見るべき場所が限られてくる分、「出会いやすく見やすい」なんてこともあります。
いくら数多く生息していても広大な森に散っちゃえば、なかなか出会えなくなって当然ですものね。
そんな読みが難しく、「場所と条件がハマって、狙ったモノがじっくり見られた」ということはなかなかないものです。


そして最後はやっぱり「運」。
運がハマるかどうかは天のみぞ知る、のです。


さらにさらに、写真を撮るとなるともっと難易度が上がります。


光の具合や自分の立ち位置・角度・枝のかぶり具合・カメラを扱うテクニック・カメラの設定……など、これらもすべてハマるということは至難の業です。
プロの動物カメラマンは、経験に裏打ちされた自然に対する目やワザ、機械に対する知識と準備、そして何より桁違いのフィールドワークの量で、あの一枚の写真を撮っているワケです。スゴいです。


こういった難しさをクリアするために大量の失敗を繰り返し、自然の中に何度も足を運び、動物の生態や行動の知見を増やし、どうすればハマる確率が少しでも上がるのかを考え――そこも自然を歩く楽しさのひとつであり、自然ガイドとしての技術のひとつであることに間違いありません。


先日、珍しくハマった。
ニセコから出て、車を走らせた甲斐がありました。


ちなみに、次の日もプライベートで同じ場所に行ってみましたが、天気・気温・時間などの条件はほとんど一緒なのにまったく見られず。
こんなことがあるので、やっぱりムズカシイ……。


クマゲラ
2019-01-12%2011.00.02_099.JPG


2019-01-12%2011.00.08_103.JPG


エゾリス
2019-01-12%2010.52.14_036.JPG


シマエナガ
2019-01-12%2011.50.44_358.JPG


2019-01-12%2011.09.51_144.JPG


2019-01-12%2011.50.14_351.JPG


2019-01-12%2011.46.38_318.JPG


2019-01-12%2011.50.57_360.JPG


2019-01-12%2011.49.12_334.JPG


2019-01-12%2011.52.43_391.JPG


2019-01-12%2012.02.11_477.JPG


2019-01-12%2011.58.33_448.JPG


2019-01-12%2011.10.47_180.JPG

2019.1.14 12:19

思い思いに

いつものように、静かな森で私たちだけ。


見て―
2019-01-11%2014.44.25_014.jpg


くつろいで―
2019-01-11%2015.10.10_024.JPG


笑って―
2019-01-11%2015.52.24_033.jpg


またくつろいで―
2019-01-11%2015.00.41_021.JPG


自然ツアーは自然の勉強をする場ではありません。
ガイドが少しだけ “気づき” のお手伝いをしたら、あとは自然の中に身を置く心地よさ・楽しさを感じるのがイチバン。

2019.1.12 16:32

勉強会

2019-01-08%2019.32.23_004.JPG


この日は、自然ガイド業関連の有志6人で勉強会。


『様々な自然ツアーのカタチと、それぞれで優先されるスキルについて』
といった趣旨で皆が考え合い、これからの自然ガイド像について意見を出し合っての勉強会でした。
なんだかムズカシイ話題です。
ワタシもいまだ整理しきれていない部分の、アタマの整理なのです。


自然ガイドって勉強すべきことがとても多岐にわたり、一般的にもガイドの技術が分かりにくいものです。
そして各地で様々なスタイルの自然ツアーが行われています。
でも世の中的には、野外・森林での自然活動従事者は全部 “自然ガイド” であり、“自然ツアー” です。
そうなるとお客様にとっては、参加するツアースタイルやガイドの持っている技術・知識は参加してみないと分かりません。


なんか、よろしくありません。


ガイド個人個人の技術面では、自然ツアーの定義自体が多岐に渡りすぎるために、スキルアップの優先順位がよく分からずに技術向上が頭打ち、ということが多いもの。
さらには、せっかく勉強していても、目指すツアースタイルとそのための勉強の方向性にズレが出ても気付かないことが多く、「そこいらをみんなで整理しよう」という勉強会です。
まずは様々な自然ツアーの特徴を考え、そのために必要な技術を考え、自分のツアースタイルを再認識し、自分に足りていないモノを再認識する。


それを独りでなく、みんなであーだこーだ考え合うのが何より大事。
結果、自分にとって最優先となる技術を効率よく上げられる上、お客様にツアースタイルの分かりやすいツアーを目指します。


ワタシ自身も整理が進み、とても勉強になりました。


こんなふうに、ガイドひとりひとりも、地域でも頑張ってますよー。
あとは皆さんが来てくれるだけですんで。お待ちしております。

2019.1.10 15:33

久しぶりに

正月が明けてツアーが落ち着いてくると、ワタシもプライベートで滑りに行くことが多くなります。


昔は、仕事明けには一時間でもいいから毎日滑りに行き、身体を休めるために週一で滑らない日を作る、というペースだったのに、すっかり今はそんなガツガツ感はありません。
週一~二でのんびり滑っていれば十分。
大人の余裕、ということにしておいています(疲れちゃうだけなんですが)。


久しぶりに滑りに行ったら、スキー場も正月の混雑がひと段落していました。
日本の正月と春節(中国の旧正月)までのこの時期は、ここ数年のニセコひらふの大混雑もいくらかマシになります。


滑りに行けば誰かしらの仲間に会い、一緒に滑りながらお喋りし、また滑って立ち止まればまた話し…。
やっぱりこういう、昔ながらのニセコの空気感が好きです。
P2250125.JPG

2019.1. 9 10:04

雪、いいです。

今年は今までのところ、穏やかな天気が多いです。
いつものニセコのように吹雪になることも少なく、だけど日々の降雪は豊富で、正月の森の中ではいつも膝くらいまで埋まるほどの雪でした。


スノーシューでは雪が深すぎてキツイこともあったけど、スノーランブラーならまったく問題なし。
もうそろそろ暖かい日があって一度雪が締まってくれれば、スノーランブラーでの滑りももう少し楽しめるのですが、贅沢な悩みですね。
それでもスノーランブラーなら、こんな深雪でもスノーシューより断然楽に歩け、お客さんにも大好評でした。


そんな毎日。
冬らしく、雪をまとった森がいつもキレイです。


ここ数日は写真NGのお客様が続いていたので、風景写真で。
2013-01-29%2013-04-31.JPG


2014-03-16%2013-58-46.JPG

最近の投稿
「“ハマる” 難しさ」
思い思いに
勉強会
久しぶりに
雪、いいです。
出会いを求めて
自然をみるために、スキー
シアワセ
いつものように
今年もありがとうございました
樹姿観察
いつも楽しく
プライベートツアーの良さ
無題
絶好調はまだ先
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「“ハマる” 難しさ」
 ┗ ゆたか  1.16 2019:01:16:18:39:23
 ┗ ハナシノブ  1.16 2019:01:16:19:26:38
 ┗ タクミ  1.16 2019:01:16:20:44:22
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:06:15
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:12:48
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:15:33
自然をみるために、スキー
 ┗ namiki  1.09 2019:01:09:20:53:23
 ┗ Ftre-zen  1.09 2019:01:09:21:24:13
いつものように
 ┗ mizu  1.02 2019:01:02:10:49:50
 ┗ Ftre-zen  1.02 2019:01:02:14:59:12
今年もありがとうございました
 ┗ ゆたか  12.31 2018:12:31:14:49:02
 ┗ Ftre-zen  12.31 2018:12:31:15:55:21
樹姿観察
 ┗ タクミ  12.28 2018:12:28:18:11:10
 ┗ Ftre-zen  12.28 2018:12:28:19:04:28
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年