2019.11.14 17:51

ウリノキ

冬芽は樹木が寒さや凍結から芽を守るためのシェルターのようなもので、越冬用の芽です。
普通、冬芽は枝の先端や横(葉腋)に付けるのですが、ウリノキはちょっと違う。


↓ウリノキ
191031-11.55.04_011.jpg


↓ウリノキの葉の軸(葉柄)
191031-11.54.35_009.jpg


葉っぱが落ちきっていない晩秋に、そっと葉を外してみると…
191031-11.54.46_010.jpg


冬芽が葉柄の付け根の中に隠れています。
こんな冬芽を「葉柄内芽(ようへいないが)」といいます。


この、葉がぶら下がりつつ冬芽が隠れている様子を撮る、という撮影に興じてました。
ちょっと力を入れ過ぎると葉が外れて落ちちゃうし、だけど冬芽がキチンと見えているようにしたいし……なかなかこの一枚を撮るのが大変(笑)


他には、プラタナス(モミジバスズカケノキ)やハクウンボクなどが葉柄内芽の冬芽を持つ樹木です。
こちらは写真を撮らないまま、冬の落葉期になっちゃいましたね。
またの機会に。

2019.11.11 18:57

贅沢?道南旅

もう10日ほど前のことですが、道南の最南端にも行ってました。
ちょっと旅っぽく、泊りがけで。


もう何度も行っている鳥の渡りを見るのが目的ですが、まぁー風が強い。
これじゃ渡らないだろうけど、別に植物を見る目的もあったので良しとしつつ、思いつきのノリで出発。


だけど考えてみたら、ニセコから車で4時間以上。
ワタシの中では、気軽に(思いつきで)日帰りする距離は、車で片道3時間まで。
それ以上は、気合が必要となります。


途中で寄り道しながら植物探しをして、いよいよ南端に着く頃にはやっぱりこんな↓。
191101-15.13.09_019.jpg


仕事の都合上、渡りのピークを過ぎたこの時期しか来れないし、この先の数日間を考えてもこの日しかない。
壮大な渡りも今までに何度か見ているので、まぁまぁ、これはこれでOKです。


それでも翌朝は少し収まり、青森県がハッキリと見えてます。
191102-06.31.19_047.jpg


海への渡りをしないときは、鳥たちは陸をぐるぐるしてます。
191102-07.20.39_070.jpg


191102-07.31.01_109.jpg


猛禽とのバトルも相変わらず(ハイタカ)。
191102-07.39.38_118.jpg


昼前まで鳥をゆっくりと眺め、その後は植物探しにスイッチ。贅沢だけど、忙しいっす。
10年前に歩いたっきりの遊歩道を歩いてみました。


オニヤブソテツならこの時期だろうと見れます。
191102-11.17.05_222.jpg


道内では道南でしか見られないセンニンソウ。10年前は分かりませんでした。
今なら問題なし(笑)
191102-11.31.14_231.jpg


こんなエゾフユノハナワラビの集会は見たことない。
191101-10.01.52_009.jpg


ノゲシとオニノゲシが並んでた。
ノゲシ
191102-11.28.22_229.jpg


オニノゲシ
191102-11.28.55_230.jpg


思いがけず、ヒメヤブランがたくさんあった。これも道南でしか見られません。
こんなただの葉っぱ、昔なら絶対にスルーしていたはず。
これに気づける自分が少し嬉しく、ひとりほくそ笑んでました。ヒヒヒ。
191102-12.04.24_247.jpg


ところで今回、各所の遊歩道がクマ出没のため、閉鎖されていました。
時期的にも歩く人がいないので「どうせなら今年は閉めちまえ」的管理なんでしょうが、最近各所でクマ騒動が多くて、歩けなくなる遊歩道が増えている気がします。
来シーズンの状況が気になります。

2019.11. 9 16:53

とうとう

7日の晩からとうとう雪でした。
191108-07.54.45_004.jpg


タイヤ交換も済ませているので覚悟の上でしたが、やっぱり…という感じ。


日中でも2~3℃しかなく、寒い…。


だけど今週初めはまた暖かめな予報なのでまた雪はなくなって、また数日後に降って…を繰り返すことでしょう。
プラスの気温なだけ暖かいはずなのに、この時期の寒さは身にしみます。

191108-08.00.49_007.jpg


191108-11.44.39_008.jpg

2019.11. 7 19:36

晩秋の山行会

この日は、「ニセコ羊蹄山岳会」の秋の山行会。


山岳会と言っても皆で山をガツガツ登る会ではなく、ニセコ羊蹄エリアの登山道・遊歩道の保全・管理を大事な目的のひとつにしている会なので、自然ガイドの私も関わっています。
プロガイドとして活動している会員も多いので、仕事が落ち着く晩秋のこの時期=一般的に登山にあまり適していないこの時期に、実施する山岳会イベントのひとつです。


雪が積もるなかで歩いた年もあったけど、今年は超ソフトなハイキング(笑)
手ぶらでも歩けるような道を、4時間近くかけてののんびり山行(?)でした。


歩きだしてすぐ、道端のキノコ談義。進みません…。
191105-10.07.32_009.jpg


ハイキング気分でお喋りしながら。
191105-11.11.55_026.jpg


ワタシは相変わらず自分の趣味を突っ走ってます。
(イヌガンソク)
191105-11.53.52_032.jpg


ミズキの透過光がきれい。
191105-12.09.10_042.jpg


ガイドとはいえ、自分が気づかぬままの間違った情報や勘違いがあるものです。
恥ずかしながらワタシもこの20年、そんな勘違いは多数ありました。
この日も勘違い(識別間違い)していたものを、ひとつ修正。


独りでばかりフィールドワークしていると間違いに気づかぬまま、こんな修正は出来ず……。
やっぱり皆で歩くのは良いものです。
191105-13.47.48_067.jpg


191105-13.03.04_061.jpg

2019.11. 5 16:24

最近の動向

東北の報告ブログが続いていましたが、帰ってきてからずっと道内を走り回ってます。


葉は多くが散ってしまい、カラマツが色づいて…秋もおしまいになります。
(ハウチワカエデとダケカンバ)
191103-10.46.01_004.jpg


(カラマツ)
191028-10.52.05_012.jpg


こうなると、狙いは鳥やらリスやら、幅広くなってきますね。
(ハシブトガラ)
191028-11.40.28_026.jpg


(シマエナガ)
191028-11.30.19_017.jpg


(ハシブトガラ)
191029-12.39.48_058.jpg


(エゾリス)
191029-11.35.43_014.jpg


191029-11.32.40_011.jpg


191029-12.25.25_034.jpg


(ヤマガラ)
191029-12.32.30_052.jpg


こちらは北海道では珍しい冬緑性のシダ、エゾフユノハナワラビ。
181021-10.35.05_001.jpg


こちらは、フユノハナワラビ(としました)。
191012-10.59.40_020.jpg


このハナワラビの仲間は、ここ3年ほど、北海道だけでなく東北でも見続けるようにしています。
図鑑上も分からないことだらけで、ワタシ自身も泥沼地獄にハマっていて、抜け出せる気配なし。
ニセコだけで見ていれば何も問題はない(おそらく一種しかいない)けど、それじゃツマラナイ。
分かったつもりが、見れば見るほどまた分からなくなって…の繰り返しです。


こんなに躍起になって見続けても、ツアーがほとんどない時期なので、お客さんから聞かれたことはほぼありません。
仕事上はどうでもいい問題だし、ガイド仲間同士で話題になることもほぼありません。
植物を見る季節ではないので、このために歩く人もいないし…。


だけど、いちナチュラリストとして気になります。
だからワタシには、この時期恒例。いつになったら、悟りが開かれるんだろ?
まぁたとえ悟りが開けても、それを聞いてくれる人はいなそうですが(笑)
ウチの奥サマだけが、いつも面倒くさそうに聞いてくれてます。


こればっかり気にして歩いていると疲れるので、たまに鳥やリスと戯れているわけです。
雪が積もるまではこんな感じです。

最近の投稿
ウリノキ
贅沢?道南旅
とうとう
晩秋の山行会
最近の動向
番外~クマのいる風景
植物のある風景
森の風景
沢の風景
ヤブガラシ
こんなところ
最終会?
鳥見
雪虫
透ける実
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
贅沢?道南旅
 ┗ ゆたか  11.12 2019:11:12:11:33:04
 ┗ Ftre-zen  11.13 2019:11:13:07:58:48
沢の風景
 ┗ ゆたか  10.31 2019:10:31:12:06:10
 ┗ Ftre-zen  10.31 2019:10:31:15:00:52
ここ数日の
 ┗ ゆたか  10.04 2019:10:04:18:21:43
 ┗ Ftre-zen  10.04 2019:10:04:19:43:25
秋の空
 ┗ mizu  9.22 2019:09:22:16:09:45
 ┗ Ftre-zen  9.22 2019:09:22:18:24:35
いつもながら
 ┗ 瀬田川  9.08 2019:09:08:21:17:15
 ┗ Ftre-zen  9.09 2019:09:09:07:14:10
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年